小さなわたしの最初の一歩

繰り返しと、小さな変化と。

1日5分、断捨離に挑戦。8日目/必要か、必要でないか。

こんにちは、オレンジです。

 

本日の断捨離。

場所:押入れ

時間:10分

対象:小さな箱2つ(処分、一部再利用)、USBメモリ(保留)

 

断捨離を始めてから、日々のルーティンの改善にも取り組めるようになりました。

頭がスッキリしたからかな、と思っています。

いまハマっているのは、

■家事動線を見直す

■1つの家事に掛ける手数を減らす

■お金の使い方を見直す

ことです。

 

断捨離で、

「捨てるか、持ち続けるか」

の判断を繰り返し行ううちに、

「何が必要で、何が必要ではなかったのか」

という自分に対する問いかけを、意識的に繰り返すことになりました。

すると不思議なことに、毎日繰り返していたルーティンについても、

「本当にこの手順で良かったのか?」

と疑問に感じる瞬間が増えてきました。

その疑問や違和感をスルーせず、改善するよう心掛けています。

 

特に家事動線の見直しは効果的でした。

例えば洗濯物を取り込んだ後の配布作業です。

拠点となる部屋からこども部屋にこどもの服を運び、

また拠点部屋に戻って、今度は夫の寝室に服を運び、

「あ、こどもの服がまだ有った」

と言っては再度こども部屋に行き。

「何往復しとんねん!」

って感じでしたので、いまは洗濯物を仕分けしたら一つのカゴに入れて、そのカゴを持ったまま一筆書きで各部屋を回るようにしています。

ほんの数十秒の短縮ですが、気持ちの余裕と体力の温存につながっています。

 

お金の使い方の見直しについては、家計簿を見直しました。

私は完璧主義の傾向があるので、細かく記録したくなってしまうのですが、細かすぎて挫折するタイプです😅

そこで今回は、

■縦軸:日付

■横軸:店舗名

の簡単な表を表計算ソフトで作成し、A3サイズで印刷(コンビニ)。

毎日穴埋めするだけの簡単な表です。

なぜ横軸を「食費」などの費目にせず「店舗名」にしたのかというと、

うちの近所には3軒のスーパーがあるのですが、

■A店:野菜

■B店:肉や果物

■C店:ティッシュなどの消耗品

のように、買うものが固定されているので、

「店名と金額がわかる=何をどれくらい買ったのかわかる」

ということに気付いたからでした。

レシートの合計を転記するだけなので、超簡単です。

いまのところ、この方法でうまく行っていて、毎日の買い物の金額がかなり減りました。

今までは、

「災害が不安だから買いだめしておこう」

「ちょっと小腹が空いたから」

という感情に左右されて買い物をしがちだったのですが、

断捨離によって定着した、

「本当に必要なものは何か」

という考えが自然と出てくるようになったことと、

自分の性格に合った家計簿を作ったことで記録を負担なく継続でき、

「何をどれくらい買ったのか」

を、毎日客観的に眺めることができるようになったのが良かったように思います。

 

断捨離を通して自分の思考回路が少しずつ変化していくので、断捨離が面白くなってきたかも🎶

 

ではでは、また明日ー!